田舎暮らしと子育て

田舎で子育てをしたい、と考えている方もいらっしゃるかもしれません。美しい自然、そして美しい空気の中であればきっと子供ものびのびと成長してくれるはず…そう考えている方も少なくないかもしれません。

しかし、本当に田舎は子育てに適していると言えるのでしょうか?これは大切なお子さんの将来にも関わる大切なポイントです。 単にドラマや映画などのイメージだけで田舎で子育てをする、という道を選んでしまうと後であなた自身も、そしてお子さんも後悔することになるかもしれません。

ここでは、そんな田舎での子育てについて考えてみたいと思います。

子供の選択肢を奪うことになるかもしれない田舎暮らし

筆者自身がずっと田舎町で生活を送って来た中で、真っ先に考えることと言えば、進路の選択肢がとても狭かった、という点でしょう。 筆者が小学生の頃、世の中はバブル景気の真っ只中でした。その頃に起こったのが「お受験ブーム」です。

子供の頃から学習塾に通うのが当たり前といった時期です。しかし、筆者はまったくそんなブームとは無縁な所で生活を送っていました。まず、家から通える範囲には学習塾なんて一つもありません。

もちろん、学習塾に通えなかったからと言って、将来の可能性が一つ潰れてしまうわけではありません。しかし、中学生になり、高校受験が近づいてくると都会の子供たちとは大きな差をつけられていることに気付きました。私の通っていた田舎の中学校の平均点は、全国平均を遥かに下回っていたのです。

筆者はその中学校の中では比較的優等生で、成績も優秀でした。それでも、全国の平均にも届かない、ということを知った時には大きなショックを受けてしまったのをよく覚えています。

100%田舎暮らしのせいではないけれど…

もちろん、これは100%田舎で育ってきたせいである、とは言えません。何もない田舎町に生まれ育ちながらも、必死に勉強をして一流大学に進学することができた、という人だって決して少なくはありません。

しかし、都市部では当たり前に通うことのできる学習施設が田舎では圧倒的に不足している、という事実から目を逸らすことはできません。 現在でも、平均的に見ると、都市部で育った子供と、田舎で育った子供の間に学力の差はあります。

学校の成績や、学歴が全てではありません。しかし、場合によっては子供の将来の可能性を一つ潰してしまうこともあり得るということを決して忘れてはなりません。 都会に比べて、圧倒的に不利な環境の中で、あなたはお子さんが満足することができるような選択肢を与えてあげることができるでしょうか?

のびのびとした自然の中で子供を育てたい…とあなたは考えていても、お子さんは都会で学習塾などに通って勉強がしたい、と思っているかもしれません。 事実、筆者も大学受験が目の前に迫ってきた頃、どうして僕の暮らしている町には予備校がないんだ!と嘆いたこともあります。

お子さんのために田舎暮らしを、と考えているのであれば、もう一度それが本当に良いことなのかを考えてみてください。 できれば、お子さんともしっかりと話し合った上で最終的な決断をすべきでしょう。単なる大人の自己満足のために田舎暮らし、という道を子供に歩ませるのはあまり良いこととはいえないのかもしれません。

Copyright© ~スローライフをはじめよう~ All Rights Reserved.