地域の伝統行事、祭りの一夜を楽しもう!

田舎には、都会よりもはるかに多くの伝統的行事が残っています。特に夏場おこなわれる祭りは、小さい頃の記憶を思い起こさせるすばらしいものです。自分の子どもに思い出を作ってやるためにも、積極的に行くといいでしょう。

もし子どもがいない夫婦や、ひとり身の方でも祭りは開放的な気分になり楽しめる場ですので、行けば楽しい体験ができるはずです。ノスタルジックな気分に浸りつつ、花火を眺めるなどしてひと夏の思い出を作りましょう。

子どもを連れて、家族みずいらずで過ごす

田舎における夏の一大イベントと言えば、やはり夏祭りでしょう。ふだんは遊べる店がない場所でも、祭りの日だけは多くの出店が立ちならび、いろいろなものを食べることができますし、大きな花火も見られます。

くわえて、男女に関わらず浴衣という特別な衣装に身をつつみ、非日常的な時間を過ごせる日です。みんな気分が高まっているため、いつもなら断るような誘いにもついのってしまい、一夜の思い出を作る人々もいます。

子どもと一緒に行く場合は、はぐれないよう注意しつつ、屋台でしか食べられない焼きそばや甘いチョコバナナ、オモチャの水ヨーヨーなどを買ってあげましょう。ただし、ねだられるまま買い与えて甘やかし過ぎるのはいけません。

夫婦ふたりで、もしくは友人もまじえて楽しむ

逆に子どもがいない、夫婦だけで過ごす日はふたりの仲を深めるチャンスです。日頃の感謝を込めて少し高いものをプレゼントするのもいいかもしれません。一緒に花火を見ながら過ごすだけでも、ロマンチックな気分になれるでしょう。

また、友人や知人を読んでみんなでわいわいと過ごすのもいいかもしれません。都会暮らしの知り合いがいれば、ふだん田舎では目にしない珍しいものを持ってきてくれる可能性もあり、いつもとは違った体験ができるはずです。

祭りが終わったあとは、自分の家にみんなをもてなして酒盛りもいいかもしれません。むかしの思い出話に花を咲かせながら、夜が明けるまで飲み明かすのも楽しい時間です。たまには酔いつぶれるのも、心地いいと感じるでしょう。

祭りで新たな出会いを!少ないチャンスをものにする

そして、もしひとり身で田舎に移ってきた場合は、夏祭りは女性を口説き落とす最大のチャンスです。祭りという特別な場所が、ふだんは堅い人のガードをゆるめ、男性からの誘いを受けやすい雰囲気を作っています。

意中の相手がいる場合はもちろん、特にいなくても祭りで出会った女の人と意気投合し、少しはずれた林の陰で性行為におよぶこともあるかもしれません。少ないチャンスを活かすためにも、相手を満足させる必要があります。

しかしストレスが原因で田舎に移ってきた人の場合、もしかすると精神的な要因でEDになっているかもしれません。ですから事前にバイアグラなどを用意し、女性のこころも身体もとりこにできるようにしておきましょう。田舎暮らしにあこがれて移住してきたとはいえ、必要とあらば都会のクリニックできちんと処方してもらうようししてください。くれぐれもネット通販に手を出してまがい物をつかまされないように気をつけましょう。

Copyright© ~スローライフをはじめよう~ All Rights Reserved.