次々と出てくる嫌なヤツら

家を購入して、息子の中学校への進学のタイミングで引っ越しをしました。すでに車や必要な家具も購入し、家に届けられることになっていましたので、引っ越しはそれほど大変なものではありませんでした。

近所で暮らしている方に挨拶周りも、それほど問題はありませんでした。それほど人の多い区画ではありませんでしたし、比較的若い世帯が多く、私と同じ都会からの移住組もいましたので、安心しました。

しかし、生活をスタートすると、さまざまな問題が出てくるものです。

草刈中に遭遇した危ない奴

家の中がある程度片付くと、雑草が伸び放題になっている庭の草刈をすることにしました。広い庭の管理のために、少し高価でしたが本格的な草刈機を購入していました。

さっそくエンジンを入れて、草刈をはじめました。雑草が伸び放題になっているとは言っても、もともとはある程度管理された庭ですので、足場も悪くありませんので、あまり経験のない私でも簡単に雑草を刈って行くことができました。

庭をある程度整理したらどんな庭にしよう?家庭菜園にするのも良いかもしれない…そんなことを考えていると、雑草の隙間に黒い塊が見えました。石でもあるのかな?と近づいてみると、トグロを巻いたヘビでした。

私は、テレビや図鑑以外でヘビを見たことがありませんでしたので、種類の見分けも尽きません。ですが、怖くなって後ずさりました。すると、ヘビがジャンプし、さっきまで私がいたところまで飛び出して、また雑草の中に隠れてしまいました。私が後ずさらなかったら、咬まれていたかもしれません。あわてて家に戻り、スマートフォンでヘビの種類を確認すると、模様や大きさから、どうもマムシの様です。猛毒を持っており、咬まれてもすぐに適切な処置ができなければ命を落としてしまうこともあるそうです。

そういえば、この辺には小さな個人病院しかありません。さらに、その日は日曜日でしたのでやっていないでしょう。 自分がヘリで病院に運ばれる…そんな姿を想像してゾッとしてしまいました。

後で、近所の人に聞いてみると、この周辺にはマムシが多いので草刈の際には注意が必要とのことでした。 雑草を伸ばしっぱなしにしていると、またどこから飛び出してくるかわかりませんので、びくびくしながら、なんとか草刈を終えて、ヘビ避けの薬を撒きました。

気密性の低い家の中には…

梅雨時期になると、こんどはヘビではなくムカデに悩まされるようになりました。手入れはされているとは言っても、古い民家ですので気密性はそれほど高くありません。 なので、ムカデが家の中に侵入してくるのです。気配に気づいて目を覚ますと、顔の上をムカデが這っている…なんてこともありました。

ムカデもマムシほどではありませんが、かなり強い毒を持っていますので、放置できません。家の周りにムカデ対策用の薬を撒くことによって、多少は減りましたが、それでも家に侵入されてゾっとしてしまうことがあります。

このように、自然が豊かであるとことは良いことばかりではありません。時には危険で不快な生物に脅かされてしまうこともあるのです。これは、まったくの想定外でした。田舎で暮らし始めて数年が経った今では、慣れてしまいましたが、最初はノイローゼになりそうなほどのストレスでした。

Copyright© ~スローライフをはじめよう~ All Rights Reserved.