家族の生活を尊重すること

一人で田舎暮らしをスタートするのであれば、自分の意思だけであらゆることを決めることができます。しかし、家族がいる場合は自分の意思だけですべてを決めてしまうことはできないでしょう。自分自身の生活スタイル、そして家庭の形と同時に、パートナーである妻の生活スタイルも一緒に考え、組み立てて行かなければなりません。

強引な計画で…家庭が崩壊へ

ここでも、私の家庭を例としてお話しましょう。

私は小学生の頃、両親と妹を含めた家族四人で都市部から田舎へ引っ越しました。引っ越した当初は、さまざまな問題を抱えながらもそれなりに幸せな田舎での生活を楽しんでいました。
しかし、ある時期から両親の仲が悪くなってきました。原因は、都会で生まれ育った母が、田舎での不便な生活に飽きてしまったことによるものでした。結果として、私の両親は離婚してしまいました。
この田舎への引っ越しは、母への何の説明もなく父がほぼ勝手に決めてしまったようなものでした。元々暮らしていた場所から遠く離れた場所への移住でしたので、母はこれまでに築いてきた友人関係などを、突然すべて断ち切られてしまった形になってしまいました。 ある日突然、当たり前の生活を奪われてしまった…母はそう感じてしまい、不満を募らせてしまったのでしょう。

家族の生活を尊重すること

私の例は極端なものですが、しっかりとパートナーとの話し合いを持たなければ、最悪の場合家庭を崩壊させてしまいます。
家族のためを思って田舎でのスローライフを選択する人も少なくないようです。しかし、本当に家族がその生活を望んでいるのかを確認しなければなりません。もし、これが望まれないものであった場合、単なるわがままとしてしか受け取ってもらえないでしょう。
何度も繰り返しますが、都会から田舎へ引っ越すということは、生活スタイルを大きく変えてしまうことを意味します。もちろん、これまでの生活を失ってしまうことにもなりますので、しっかりと、家族のこれまでの生活スタイルを尊重するようにしましょう。 そして、実際に引っ越した後も、新しい生活に馴染み、楽しむことができるようにサポートをしなければなりません。

家族だからといって、全員が同じ想いを持っているわけではありません。それぞれの考え方がありますし、それぞれの生活があります。
いつも一緒に暮らしている家族を大切に思うのであれば、それぞれの生活をしっかりと尊重しましょう。もし、これができなければ、大切な家族を失ってしまうことに繋がってしまうかもしれません。

Copyright© ~スローライフをはじめよう~ All Rights Reserved.