田舎での移動手段

都会で暮らしている人の中には、まったく車を使用しないという人も少なくありません。電車や地下鉄、バスやモノレールなどさまざまな公共交通機関を利用することができますので、車を持っていなくても不便さを感じることはほとんどありません。むしろ、駐車場代も高く、道路渋滞も激しいことから、車の利用を敬遠している人も多いのではないでしょうか。
しかし、田舎の場合は都会のように交通機関が充実していません。地域によってはまったく存在しないことだってあります。そんな田舎での生活には車は欠かせない移動手段です。

歩いて行ける範囲に何もない

田舎では、歩いて行ける範囲にコンビニやスーパーさえもないこともあります。また、病院などの生活に必要な施設がない地域も少なくありません。その上、前述のように交通機関もないのであれば、車がなければまともな生活を送ることはできません。
田舎では、一つの家庭に車が複数台あることも珍しくありません。ちょっと買い物へ行くにも、病院へ行くにも、また仕事や学校へ行くにしても車が必要な地域であれば、人数分の車が必要となってくるでしょう。

移動手段によって変わるライフスタイル

公共交通機関から車へ移動手段が変わると、ライフスタイルも大きく変化します。もし、田舎から都市部へ通勤するのであればマイカー通勤になりますので、職場の近くで駐車場を探さなければならないかもしれません。また、会社によってマイカー通勤が禁じられていることもあります。この場合は、転職を考えなければならなくなります。 また、公共交通機関と違って移動にかかる時間も正確ではありません。道路状況などによって大きく前後してしまうこともありますので、時間に余裕を持って移動しなければならなくなります。

このように田舎で暮らす場合、移動手段は基本的に車となってしまいます。あまり大きな問題ではないのではないか、と軽く考えられてしまいがちですが、時にはライフスタイルを大きく変えなければならないこともあります。
移動手段に関しては、田舎暮らしはとても不便になるということをしっかりと把握し、覚悟しておくようにしましょう。その覚悟がなければ、こんなはずじゃなかった…と後になって後悔してしまうことになるかもしれません。

Copyright© ~スローライフをはじめよう~ All Rights Reserved.