子供にとっての田舎への移住

田舎へと移住する目的の一つに、子育てを挙げる方も少なくありません。確かに、美しい自然に囲まれた田舎は、子育てにおいて、とても素晴らしい場所のように思えるかもしれません。しかし、本当にそうなのでしょうか?田舎は子育てをする上でベストな場所であると言えるのでしょうか?

ここでは、子供にとっての田舎への移住について考えてみたいと思います。

都会から来た子供がいじめに遭ってしまうことも…

子供の社会はとても残酷なものです。どんなに大人が注意していても、いじめをなくすことはできません。 では、どういった子供がいじめのターゲットになってしまうのでしょうか?真っ先に挙げられるのが、他とは少し違った点のある子です。都会と田舎では環境がまったく異なっていますので、完全に馴染むまでにはそれなりの時間がかかってしまうものです。しかし、馴染むまでの間、いじめは待ってくれません。子供の中でも、ある程度の社会性が生まれる小学生のころになれば、いじめは起こってしまいます。

つまり、小学生くらいの頃であれば良いだろうと思い、移住のために転校をさせるといじめのターゲットになってしまう可能性があります。もちろん、すぐに環境に馴染むことのできる子供もいますが、中には移住による転校がきっかけでいじめに遭い、不登校になってしまうというケースも決して珍しいことではないのです。

うちの子供はしっかりしてるから大丈夫…そう考えている方が多いかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?残酷な子供の世界では、いつどんな理由でいじめのターゲットになってしまうのかわからないものなのです。

田舎への移住は本当に子供にとって良いこと?

田舎で生まれ育った筆者にも、いくつもの悩みがありました。その一つが進路の選択肢が極端に少ない、というものです。 筆者の暮らしている地域には高校も数えるほどしかありません。通える範囲の高校では普通科と農業科しか選択肢はなく、自分の将来の可能性は都会の子供よりずっと少ないことを知り、ショックを受けました。

もちろん、家を出て都会の学校へと進学することも不可能ではありません。しかし、家族に大きな負担をかけてしまうことになりますし、自宅から通える学校へ行くことと比較するとリスクも大きくなります。

このように、田舎へと移住することが子供の将来の可能性を狭めることになる可能性だってあることを理解できているでしょうか? 確かに豊かな自然の中で育つことよってしか得られないものも少なくありません。しかし、その代わりに失ってしまうものだって少なくないのです。もしかすると、田舎へと移住することが、子供の夢を奪ってしまうことに繋がるかもしれません。大袈裟だ、と言う方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際に筆者の周りには経済的な事情から遠方の学校へ行くことができずに、夢を諦めてしまった知人、友人も少なくないのです。

少し否定的な話が中心になってしまいましたが、これもまた田舎暮らしの現実です。子供と一緒に田舎へと移住することを考えているのであれば、もう一度じっくりと考えてみてください。話し合いが出来る年齢なのであれば、子供の意思もしっかりと確認した上で決めるべきでしょう。

Copyright© ~スローライフをはじめよう~ All Rights Reserved.