田舎の人間関係の難しさ

人間関係がどんどん希薄になって行く…そのように嘆いている方も少なくありません。昔と比べるとあまり、周囲の人と関わらずに生活する人の割合が多くなってきているのは事実です。 しかし、田舎で生まれ育った筆者は、あまり人間関係が希薄になっているとは感じません。

実は、都会と田舎では人間同士の関わり合い方も異なっています。ここでは田舎における人間関係の難しさについてお話してみたいと思います。

どうして都会では人間関係が希薄になる?

まず、どうして都会ではどんどん人間関係が希薄になってしまうのかを考えてみましょう。さまざまな理由がありますが、中でももっとも大きな理由は人の入れ替わりが激しい、という点でしょう。都会には常に多くの人が出入りしています。そのため、地域で強い人間関係を築く前に人が入れ替わってしまうのです。そのため、どんどん人間関係が希薄になり、マンションの隣の部屋で暮らしている人の顔すらわからない、といった状態になってしまうのです。

また、もう一つの理由として挙げられるのは、あまりにも人が多すぎて付き合いきれない、という点も挙げられるでしょう。田舎であれば、自分の生活エリアの中で暮らしている人の人数は限られたものです。そのため、どこに誰がいる、と把握することはそれほど難しくありません。しかし、都市には人口が密集していますので、自分の生活エリア内で暮らしている人をすべて把握することは不可能でしょう。

このような理由から、都会では田舎のように密な近所付き合いは難しいのです。

田舎の人間関係の難しさ

このような都会の人間関係になれている方がいきなり田舎にやってくると、さまざまな場面で戸惑うことになってしまうかもしれません。

地域によっては、自分は自分…といった都会的な生活スタイルを送ることが難しいこともあるのです。定期的に祭りや清掃活動、寄り合いなどが行われ、時期によっては週末がすべて潰れてしまうこともあります。

こういった行事・イベントへの参加は法律や条例などで義務付けられているわけではありませんが、地域によっては不参加の場合は罰金を支払わなければならないなど、半ば参加が強制となっているケースもあります。 さらに、お子さんのいる家庭の場合、子供会の活動も盛んな事が多く、さらに行事やイベントは多くなります。

自分は自分…そんなマイペースな生活を送りたい、と考えて田舎へ引っ越してきてしまうと、あまりにも制限が多く、戸惑ってしまうでしょう。あまり人付き合いが得意でない方の場合、それが大きなストレスとなってしまうこともあるようです。ストレスの少ないスローライフを田舎で…と考えていると、あとで公開してしまうかもしれません。

もちろん、こういった行事やイベント、人付き合いが好きで、楽しめる方であれば問題ないでしょう。そういった方にこそ、田舎暮らしは適しているのかもしれません。

あなたは人付き合いは好きですか?周囲と足並みを合わせる事は得意でしょうか?田舎への移住を検討しているのであれば、まず、自分にそう問いかけてみてください。それができないのであれば、田舎での暮らしが大きなストレスになってしまうかもしれません。

Copyright© ~スローライフをはじめよう~ All Rights Reserved.