田舎での仕事探し

田舎へ引っ越して、そこで仕事を探そうと考えている人も多いようです。しかし、田舎では都会のように多くの仕事が溢れているわけではありません。人が少ない分、就職口もやはり少なくなってしまいます。ですので、条件の良い仕事を簡単に見つけることはできないでしょう。

地元の人も就職先を探している

過疎化している地域から、どんどん若者がいなくなっていく最大の理由は、やはり仕事の少なさでしょう。地元で仕事を見つけることができないため、多くの仕事のある都市部へ出て行く人が多くなります。何の頼りもなくそんな場所へ突然行って、条件の良い仕事が簡単に見つかるわけはありません。

また、田舎では能力に関係なく地元の人を優先的に採用する会社も少なくありません。単なるコネではなく、外に出て行く可能性の少ない地元の人に長く働いてもらおうという意識が強いためです。大手企業の工場などの場合は、地元優先の採用はありませんが、最近では賃金の安い外国人労働者にその就職口は奪われてしまっています。

収入ダウン

何か特殊な技術や資格を持っていれば、就職口そのものを見つけることはできるかもしれません。しかし、都市部で働くのにくらべて収入は大幅にダウンしてしまうことは避けられません。都市部で働いている時の収入を基本として考え、ローンなどを組んでいるのであれば生活が成り立たなくなってしまうかもしれません。

パート・アルバイトも少ない

田舎ではパートやアルバイトさえも少ないですので、主婦が気軽に働くことのできる場所もかなり限られてしまいます。スーパーやコンビニなどの都会なら働き口がたくさんある仕事さえほとんど見つけることができないこともあります。

また、見つけることができたとしても、通勤のための交通機関がなければ車を購入しなければならなくなってしまいます。賃金も都市部に比べると低いので、せっかく働いて収入を得ても通勤用の車のローンに消えてしまう…そんな人も少なくありません。

都市部から田舎へ引っ越す場合、就職口や収入の面では大きなリスクを抱えることになってしまいます。現地で起業する予定がある場合や、都市部での仕事を続けられるといったケースでないかぎり、最初は金銭面で困窮してしまうことになるかもしれません。田舎暮らしの計画を立てる際には、この点もしっかりと視野に入れておくべきでしょう。

Copyright© ~スローライフをはじめよう~ All Rights Reserved.